岡山県内の「Petit Ballet Studio」でダンスの先生をされている廣本エカテリナさんインタビュー
「生まれ故郷のサンクトペテルブルクは本当にいいところ」


日本・ロシアに縁をもつ「人」にスポットを当て、その「人」を紹介、そして「人」を通じて、ロシアの魅力や日本とロシアの関わりなどを、車でドライブするような冒険心を持って発信していく「日ロドライブ」

第6回は岡山県在住で、「Petit Ballet Studio」という岡山に所在するバレエダンススタジオでダンスの先生をされている廣本エカテリナさんにお話を伺ってきました。

廣本エカテリナさんは、ロシア・サンクトペテルブルクの出身で、ロシアでは幼いころからダンス教室に通いながら、ダンスを続けてこられた方です。
ダンスの大学を卒業された後は、日本に来日し、岡山県のダンススタジオ「Petit Ballet Studio」でアシスタントティーチャーとして活躍されています。

今回は、岡山県にあるお寿司屋さん「すし亀」さんの二階個室を利用させていただき、同店の大将と縁の深い四宮貴久さんにインタビュアーをお願いして、インタビューさせていただきました。
「すし亀」さんの美味しい食事をいただきながら、エカテリナさんから、日本とロシアの文化の違いや今後やってみたいことなど、様々なことについて、お伺いしてきました。

個室を快く使わせていただいた「すし亀」さん、本当にありがとうございました。


(「すし亀」にて乾杯するエカテリナさんと四宮さん)

--(四宮)今日はよろしくお願いします!さっそくインタビューさせていただくんですが、エカテリナさんはいつ頃から日本に住まわれるようになったんですか?

今の旦那さんと結婚したのが、17年前くらいになるんですが、その前から日本には住んでたので、日本に住んでる期間はかれこれ20年以上になりますね。
元々は日本でショーダンスの仕事をするために来日して、岡山で踊っていたんです。
そのときに今の旦那さんとも知り合って。
日本に来る前は、日本に関心があったわけでもなくて、特に思い入れがあったわけでもないんですが、縁があって、日本に住むことになって、今ではそういう運命だったんだなと思ってます(笑)
出身はサンクトペテルブルクなんですけど、周りの人からは「なんでサンクトペテルブルクから岡山に!?」ってよく言われるんですよ(笑)

--サンクトペテルブルクにいたころから、ずっとダンスはされていたんですよね?

ダンスは6歳くらいから始めていて、それからずっと続けてきましたね〜。
子どもの頃は創作ダンスを習っていて、高校を卒業してからは、ダンスの先生になりたかったこともあって、サンクトペテルブルクにあるダンス関係の大学を選んで進学したんです。
その大学を卒業してからは、ダンスの先生をしながら、自分もショーダンスの舞台に立ったりしてましたね。
ただ、結婚してからは、しばらくダンスから離れていたので、まさかもう一度ダンスを教えることになるとは思ってもいませんでした。
10年以上前に、今もダンスを教えさせてもらってる「Petit Ballet Studio」を主宰している野瀬先生と知り合ったことがきっかけで、もう一度ダンスを教えることになったんですけど、最初は週に1、2回だったのが、だんだんと週3、4、5回と増えていって(笑)
野瀬先生との偶然の出会いがなかったら、たぶん、今ダンスを教えてることはなかったんじゃないかと思いますね。

--野瀬先生との出会いも運命的だったんですね〜。少し質問変わるんですけど、日本に来てから食べ物のこととかで、驚いたことはありますか?

これはお寿司ですね(笑)
ロシアにいたころは、お寿司のことを何も知らなくて。
日本に住み始めたころ、仕事なんかで知り合った人が、お寿司に連れていってくれたりしてたんですけど、お寿司について何も知らなかったので、お寿司に合うお酒とかもわからず、赤ワインを頼んでしまったことがあったんです。
この食べ合わせが本当に酷くて、今でも記憶に残ってます(笑)
他にも、タコとかイカがネタの握り寿司は「こんな固くて、ぐにゃぐにゃしたもの、いつまで噛めば飲み込めるんだろう」って思ったくらい苦手でしたね。
今でこそ、お寿司は大好きなんですけど、当時はちょっとびっくりして度肝を抜かれました(笑)
反対に日本に来て美味しいなと思って、ハマったのはラーメンや餃子ですね。
日本に来て、最初に1番美味しいと感じた料理かもしれません(笑)



--ぼくもラーメンすごく好きです(笑)日本に住み始めてから、ロシアの料理が恋しくなったりとかもしました?

うーん、最初は全然平気だったんですけど、日本に住み始めてしばらくしてからは、ボルシチみたいなロシア料理が恋しくなったりもしましたね。
ただ、最近はネットで何でも取り寄せできますし、むしろ恋しい気持ちもあんまりなくなってたりして、ほとんどロシア料理は食べてないかもしれません(笑)
日本料理のほうがヘルシーですしね



--今、お子さんは日本の学校に通ってらっしゃると思うんですけど、エカテリナさんが思う日本の学校とロシアの学校の違いってあったりしますか?

私が思うに、日本の学校よりもロシアの学校のほうが、より深く、多くのことを勉強してるような気がします。
日本の学校は、学習塾に行かせることが当然で、小さい頃から学習塾に通いながら、学校の授業を補完するような子も多くありませんか?
もしかしたら、今では少し変わっているかもしれないんですけど、ロシアでは、ほとんどの勉強は学校で学べるようになっていることもあって、塾に行くのは、高校受験や大学受験のときに、レベルの高い学校を志望していて、どうしてももう少し勉強したいってときだけなんです。
ロシアでは、公立の学校は小中高一貫教育ですしね。
ロシアの人たちが、小さい頃から学習塾に通うというのは、学校の授業が充実していますし、なかなかないような気がしますね〜。
もともと、ロシアはソ連時代には社会主義の国だったこともあって、当時は公立の学校しかなくて、ペレストロイカ以後に、だんだん変わって、少しずつ私立学校が登場してきたという経緯もありますしね。


--なるほど〜、たしかにロシアの教育=国公立主体のイメージはありましたね。ちなみに日本に来て、文化的な面で、ここはロシアと違うなって感じたこととかはありますか?

そうですね、これは海外から来られた人は皆さん言われるかもしれないんですが、日本の方々はすぐに謝りますよね(笑)
これには驚かされましたし、なかなか慣れませんでした。
例えば、自分が悪くないときとかでも、日本の方は、人間関係を円滑にするために謝ったりすると思うんですけど、ロシア人にはその文化はないんですよ。
自分が悪くなければ、絶対に謝らないと思います(笑)
ほかにも、ロシア人は物事を白黒つけてはっきり言うんですけど、日本人はあまり白黒つけず、曖昧にすることが多いと感じました。
ただ、日本人の方は他の国の人に比べて、格段に外国人に対して優しいと思います。
なので、大抵のことを許してもらえたりして、私も日本での生活をする上ですごく助かりました。


--エカテリナさんがダンサーとしてすごいなって思ったり、尊敬したりしているロシアの方っていますか??

そうですねー、私が好きなのはちょっと昔の男性のバレエダンサーですね。
例えば、ファルフ・ルジマートフさんとかルドルフ・ヌレエフさん、アメリカに亡命してしまったんですが、ミハイル・バリシニコフさんといったダンサーの方々はすごくかっこよくて好きですね。
ちょっと変わったことをしているダンサーが好きで、男性のダンサーの方が好きなのは、女性ダンサーはどの人も、いつも綺麗で美しくて、甲乙つけ難いから(笑)
女性よりも男性のダンサーの方が、よりそれぞれの個性を感じやすいようにも思います。


--エカテリナさんのおすすめのロシアのスポットをぜひ教えてください!

私は生まれ故郷のサンクトペテルブルクの全ての地域をおすすめしたいですね。日本人の方はサンクトペテルブルクというと、エルミタージュ美術館のことを言われることが多いんですが、それ以外のスポットも郊外を含め、とても魅力的なんですよ。
例えば、私が好きなのはエカテリーナ宮殿やペテルゴフとかですね。
エカテリーナ宮殿は私がまだ小さい頃から、親と一緒に遊びに行っていた思い出の場所で、宮殿の中というよりは、外観と周りの風景がすごく良くて、周辺を歩くのが好きなんです。
ペテルゴフは街の名前なんですが、街中に噴水がたくさんあって、街全体がアートになっていることもあり、とっても綺麗なのでおすすめですよ。


--逆に日本の好きなスポットや日本で行ってみたいところはあったりしますか?

お寺とか神社はすごく好きです。
お寺や神社は色々なところに行きましたし、毎年お正月には、岡山にある最上稲荷に初詣に行ってます。
旦那さんが日本人なので、そういうところはしっかりしてることもあって(笑)今後行ってみたいのは冬の北海道ですね〜。
周りの人からは「ロシア出身で本当の寒さを知ってるのに、なんでまた冬の北海道に!?」って言われることもあるんですけど、ロシア出身だからこそ、冬の北海道の寒さとロシアの寒さを比較してみたいんです(笑)


--最後の質問になってしまうんですが、ダンスに関係することも含めて、エカテリナさんが今後挑戦したいことを教えてください!

そうですね〜、やっぱり、ダンスは今後もダンサーとして動ける限りは続けていきたいですね。
ただ、将来的には自分でダンスを踊ったり、教える以外にも、ダンサーを裏で支える仕事として、ダンサーのためのマッサージ師として活動することも考えています。
例えば、ここをこうすれば、もっと身体が柔らかくなってダンスに適した身体になるといったようなことをマッサージを通して、伝えることができればなと。
他のスポーツに比べて、ダンサーの身体のケアを専門にする人があまりいないように思うことと、整体とかだと、施術するのは男性の方が多くて、女性が気後れしてしまうことが多いのではないかと感じたことが、始めようと思ったきっかけですね。
特に岡山はダンサーの方が多くて、たくさんの人たちが踊っているので、やる価値があると思っています。


--エカテリナさん、ありがとうございました!貴重なお話がたくさん聞けて嬉しかったです!ぜひ今度エカテリナさんのダンスを見せてください!






廣本エカテリナさんがアシスタントティーチャーをされている「Petit Ballet Studio」の情報についてはこちらから

名称:Petit Ballet Studio
HP:http://www.petitblt.com/
◯ 岡山スタジオ
住所:岡山県岡山市南区福島3-3-2-1
電話番号:086-265-2902
E-mail:petitblt@hi.enjoy.ne.jp
◯ 倉敷スタジオ
住所:倉敷市老松町3丁目9-27グランドールビル4F
電話番号:086-265-2902
◯ マーサスタジオ
住所:岡山市中区原尾島2-5-32マーサスタジオ
◯ ジョイフィット奥田教室
住所:岡山市北区奥田2丁目
電話番号:086-271-7790
◯ 山陽カルチャープラザ教室
住所:岡山市北区表町2-2-68 天満屋カルチャー館
電話番号:086-231-7701



今回場所をご提供していただいた「すし亀」さんについての情報はこちら

住所:岡山県岡山市北区駅前町1丁目10-29
電話番号:086-223-8964






(インタビュアー/四宮貴久)